SPECIAL

キャスト連載インタビュー

第3回 小野寺キョウヤ役・中村悠一

原作を最初に読んだ時の印象をお聞かせください。

作品に参加するまで(オーディションを受けるまで)本作に触れる機会がなかったのですが、仕掛けられたギミック、先の読めない展開、魅力的なキャラと、面白い要素が多くあっという間に既刊分を読み終えました。

演じるキョウヤについて印象、共感できるところ、違うところを教えてください。

仏頂面から誤解されやすいキャラクターだと思われます。共感を覚えますね(笑)


キョウヤは冒頭からナナの行動を怪しんでいる一方で、「オラついている」という言葉の意味を知って微笑みながらメモを取るような不思議な面も見せるキャラクターです。そんなキョウヤを演じる際に意識した点を教えてください。また、監督や音響監督からのディレクションで印象に残っていることはありますか?

音声を入れるにあたってキャラクター性は意識しましたが、それよりも会話、ドラマ、を重視して演じたく、淡々と長いセリフを読み上げるのは見ていて面白くないかもな、と色々と試すことが多かったです。 原作より少し人間味が出てきているかもしれませんね。


ナナにナナオの腕時計を見せたりするなど、ずっとナナの行動を疑っているキョウヤですが、確信までにはいたっていません。疑いの演技をする際、中村さんとしてはどのくらいナナの犯人度が高いという気持ちで演じられましたか?(9割方ナナが犯人だろう、くらいか、もしくは半々くらいの疑いか……)

ナナに限らず、気になったものはすべて疑ってかかる、常に明確な答えを欲している人物と思い演じていました。なので疑う時は100パーセントですし、それは犯人を捜してやろうというよりは真実への探求心かと思っています。


3話での校務員室爆破からの、炎に包まれたまま飛び出してくるシーンはとても衝撃的でした。その後、「不老不死」と明かすシーンもとても印象に残ります。このシーンの映像を見た感想をお聞かせください。

死なないんだなぁとしか(笑) ここまで各キャラの能力を明かすところは印象的に作られていますが、キョウヤの能力を見抜いていた方も少ないのかなと思います。


もし、キョウヤと同じ「不老不死」の能力が突然発現したら、ご自身はどうすると思いますか? また、作中で登場する能力の中で、使ってみたいと思うものがありましたらお聞かせください。

最近年齢のせいかガタも増えてきてますから…不老はあこがれます(笑) 本当に死なないんですかねぇ、試すのも怖いですね。

キョウヤがずっと疑い続けているナナに、何かひと言もの申すとしたらなんと言いたいですか?

友達になろう!

今、改めて感じる『無能なナナ』という作品の魅力とは?

前述したところを魅力に感じます。

最後に、このインタビューを読んでくださっている皆さんへメッセージをお願いします。 無能なナナ、アニメ楽しんでいただけていますでしょうか?

予想を超えた展開がこれから先も連続していきます。 原作を読んでたとしても、アニメならではの楽しみを提供していきたいと思っていますので、是非楽しみにお待ちくださいませ!


キャスト連載インタビュー

第2回 渋沢ヨウヘイ役・増田俊樹

原作を最初に読んだ時の印象をお聞かせください。

このさき脅威になるであろう能力者たちを、その前に対処する漫画は読んだことがなかったので、とても斬新で面白い世界観の漫画だと思いました!

ヨウヘイは2話でナナに葬られてしまいます。このことを知った時の率直な感想は?

ナナの手際の良さにこの後も一人、また一人と速やかに消されていくんだと思うと、1話丸ごとヨウヘイ回をいただけてよかったなと。

演じるヨウヘイについての印象、共感できるところ、違うところを教えてください。

僕も食べ方が汚い人は嫌いですね。僕自身、箸の持ち方汚いんですけど。


演じられているヨウヘイは正義感が強く、自分は絶対に間違わないと信じているキャラクターです。ナナからは「歪んだ考え」だと思われていましたが、そんなヨウヘイを演じる際に意識した点を教えてください。また、能力を使って体力を消耗した際の演技でのこだわりなどもありましたら教えていただければと思います。

全能感と言いますか、自分の考えには間違いがなく、周りの優秀な人間でさえも自分に並ぶことのできる珍しい有能な人間だと判断するような、自信に溢れた人物像を描きました。 能力発動ケースによって疲弊具合を変えています。


監督や音響監督からのディレクションで印象に残っていることはありますか?

丼をかっこむシーンはSEで豪快な食べっぷりを表現すると思っていましたが、当日「アドリブください」と言われたのが結構新鮮でした。 ご飯を食べる際にあぐあぐ食べたことがないので、苦戦しました。


ナナに向けて「すぐに戻ってきます」と手を上げて能力を使うシーンは、2話の中でも特別凛々しく、かっこよさも感じられました。このシーンの映像を見た感想を教えてください。

バイバイ、渋沢。


もし、ヨウヘイと同じ「過去に戻れる能力」が突然発現したら、ご自身はどうすると思いますか? また、作中で登場する能力の中で、使ってみたいと思うものがありましたらお聞かせください。

もし「過去に戻れる能力」が使えたら、基本悪事に使ってしまうと思います。(笑)

ヨウヘイは、今の時間に戻ってきて、凍った湖の底に沈んでしまいました。ナナは手を合わせていましたが、ヨウヘイを欺いたナナに今、何かひと言もの申すとしたらなんと言いたいですか?

あと1話、生かして欲しかった。せめて回想だけでも。


今、改めて感じる『無能なナナ』という作品の魅力とは?

無能力な人間が、工夫を凝らし能力者たちを秘密裏に葬っていく。 ダークファンタジーでありながら、歪な価値観を持ってしまった能力者たちを倒す、爽快感もあります。物語の結末が読めないのも魅力だと思います。

最後に、このインタビューを読んでくださっている皆さんへメッセージをお願いします。

1話、2話と怒涛の葬りにびっくりされている方も多いかと思います。 アニメシリーズ、まだ始まったばかりです!(笑)先の読めない展開を毎回楽しんでください!

キャスト連載インタビュー

第1回 中島ナナオ役・下野 紘

原作を最初に読んだ時の印象をお聞かせください。

一見、異能青春ストーリーかと思いきや、様々な憶測と裏切りが飛び交う、「どサスペンス」だったのには驚きましたし、面白いと思いました!

演じるナナオについての印象を教えてください。また、共感できるところ、違うところを教えてください。

印象としては、少し消極的な普通の男の子という印象でした。お父さんにだったり、クラスメイトにだったり、いろんなことが重なり自信をなくしてしまう気持ち、すごくわかります。

ナナオは1話でナナに崖から落とされてしまいます。このことを知ったときの率直な感想は?

ナナオ役をいただいて、「やった!レギュラーが決まった!」という喜びも束の間、「え?もう出番終わり!?マジか…」というどん底に落とされた気分でした!(笑)

演じる際に意識した点を教えてください。また監督や音響監督からのディレクションで印象に残っていることはありますか?

原作でもそうなんですが、アニメもナナオが主人公であるように見せて……というところで、視聴者を驚かせたいという意図があると聞き、その上で、最初はダメダメだけど、最後皆を救う時にはヒーローのように力強く、という演技指導がありました。

ナナオの登場シーンで印象に残っているところは?

第一話、まるっと……なんですが、あえてあげるなら、やっぱり最後のシーンですかね。ダメダメだったナナオがクラスの信頼を勝ち取り、自信を取り戻し、ナナといい感じになってたところからの突き落としのシーン。まさに天国からの地獄…… いやぁ、怖かったなぁ。


作中で気になっているキャラクターはいますか?理由も教えていただければと思います。

キョウヤも気になりますが、犬飼ミチルが気になりますね。このクラスの中でどちらかといえば、ナナオタイプの彼女がどんな活躍を見せるのか、そして中原がどう演じているのか、いろんな意味で気になります!


収録現場の雰囲気はどうでしたか?

かなり前なので、おぼろ気ですが……若い人たちがいっぱいだなって思いました。と同時に、自分もだいぶ先輩になったんだなぁと感じました。 当たり前っちゃ当たり前なんですが、しみじみそんな風に思ってた気がします。

実際に映像を見た感想を教えてください。

収録の際はそこまで気にならなかったんですが、改めて見ると気になるところが色々ありました。確かにナナオにとってつらいシーンや悔しいシーンもあるけど、所々ナナオの表情が少し怖かったり、全体的に映像が暗い気がしたりと、もしかして意図的なものなのかな……なんて思って、細かいとこまで見てしまいました。


「もし、ナナオと同じ「人の能力を無効にできる能力」が突然発現したら、ご自身はどうすると思いますか? また、自分が能力者だったらどんな能力を使ってみたいと思いますか?」

いや、「能力を無能にできる能力」って……能力を使える人がいないと、あるかどうか分からないかと。だからナナオも、自信をなくしたわけですしね。 使えるなら、やっぱ「瞬間移動」です!!うまく活用すれば、自分の時間をすごい作れそうだし。5mとか短距離でも欲しいです、通り抜けみたいに使えば、これまた時間短縮になると思うので!むしろ、今すぐ欲しいっ!!

ナナオを陥れる形となったナナに今、何かひと言もの申すとしたらなんと言いたいですか?

何故、ナナオに手を合わせていたんだい?別の選択肢はなかったのかい? オレの出番を返してくれ〜!!(笑)


作品の見どころ、注目ポイントの紹介をお願いします。

やはり、ナナの目的と『人類の敵』ではないでしょうか?ナナオを突き落としたナナは、何者なのか?『人類の敵』に打ち勝つことができるのか? ぜひ、TVアニメで確認してください!

今、改めて感じる『無能なナナ』という作品の魅力とは?

主人公かと思われたナナオが突き落とされたように、どうなるのか分からない驚きの展開が『無能なナナ』の面白さだと思いますし、原作とアニメでは若干の違いがあったりもするので、その辺りも楽しんでみてはいかがでしょうか?

最後に、このインタビューを読んでくださっている皆さんへメッセージをお願いします。

残念ながらナナオはいなくなってしまいましたが、ナナをはじめとした、個性豊かなキャラクターたちがどんな活躍をみせるのか、最後の最後までご覧ください!よろしくお願いします!!

BACK